『シアワセナジカン』〜✳︎stitpoohの子育てブログ✳︎〜

男の子1人を育てるアラフォー主婦。たまに闇を綴ってます。

夏の最後の思い出(前編)➖ディズニー セレブレーションホテルに泊まる➖

おはようございます、stitpoohです。

 

 今回はいきなりですが、我が家の夏の思い出を書きたいと思います。

 

《今年の夏の最後の思い出〜ディズニー2DAYS〜》

我が家は8月最後の週にディズニーリゾートを満喫してきました!なんと贅沢にも2DAYS、初日にランド、2日目にシーで思う存分遊んできましたよ!!

そしてもちろんお泊まりで、今回は2016年9月に開業した、“セレブレーションホテル ディスカバー”に泊まりました。

 

ちなみにうちは前にも言いましたが、節約家族です。そんなうちが本来こんな贅沢出来ません。今回は強力なスポンサー(お義父様)さまのおかげで、こんな贅沢な体験をさせていただくことが出来ました。感謝感謝です。

 

《1日目〜ディズニーランド〜》

 今回は私たち家族と旦那のご両親、そして旦那の妹家族と大所帯で行ってきました。

 

その日は夏休み最後の日曜日。我が家は都下なのですが、高速の混み具合を考慮して早朝5時に出発。が、最初から最後まで快調に進み、6時前にはホテルに到着しました。

連れの到着を待って、チェックイン。

ホテルに車を置いてから行かないと、二重に駐車料金がかかりますからね。

 

※ホテルの様子は後で写真とともにお伝えします。

 

〈ホテルからの専用シャトルバスに乗ってレッツゴー!!運転手さんはガイドも勤めます〉

f:id:stitpooh:20170902102124j:image

シャトルバスは普通の路線バスにディズニーをイメージしたラッピングが施されています。運転手さんは、窓から見えるスカイツリーや周辺の案内、2つのディズニーの案内、たまに小ネタをはさみながら、観光バスのガイドさんみたいでした。

ちなみに運転手さんの名前は“◯◯ジャック◯◯”さん(もちろん本名ではなく)で、シーのパイレーツオブカリビアンのショーからもじってました。

 

〈夏のディズニーランド。ショーも満喫!〉

みなさんご存知、 ディズニーランド到着‼︎

………はい、なので私がわざわざここで紹介するまでもありません。

が、ほんのちょっと紹介するなら、“スタージェット”が今年の10月10日で、34年間のフライト終了になります。その記念のシールをもらってきました。

f:id:stitpooh:20170902194451j:image

34年間…長い年月ご苦労様でした。

  

あとは、夏のショー“燦水!サマービート!”を鑑賞。場所によってはズブ濡れになるというこのショー。一緒に行った、旦那の妹というのが、とにかくディズニー大好きであらゆることに詳しい!その妹曰く、

『今年のランドのショーは適当。全く力を入れてない。』

ということでした…

我が家のような、にわかディズニーファンからしてみれば、夏を感じて楽しかったのですが…

 ※残念ながら写真はありません

 

〈王子の一夏の経験。ここでも成長を感じます…〉

そしてもうひとつ、トゥーンタウンにあるジェットコースター“ガジェット”ですが、なんと2歳9ヶ月の王子が乗ることが出来ました!!

去年ランドに家族だけで行った時、確か[3歳以上、身長90センチ以上]だったはず。当時どちらも満たしていない王子は諦めました。

今回一緒に行った従兄弟のお兄ちゃん達はその“ガジェット”が好きでそこそこの待ち時間でしたが、並んで乗ることに。去年のことを思い出し、「王子はまだ乗れないなぁ」と私達家族は外で待ってました。そして従兄弟のお兄ちゃん達がちょうど乗って降りてきた時に、ふと入口の注意書きを見たところ、[身長90センチ以上]だけで、年齢制限がありませんでした。

そこで入口のキャストのお姉さんに

『年齢制限があると思って諦めたんですけど、身長は90センチあると思うんですけど…』

と言って、測ってもらいました。ちゃんと90センチあって、王子は手に「ちゃんと身長みたしてますよ!」の紙テープ?を巻いてもらいました。ただちょうどその時お兄ちゃん達が戻ってきてしまい、また並んでまで乗るのはなぁ…と思ったら、キャストのお姉さんが

『お連れさまが戻られたんですね?それではこちらからご案内します。』

と言って、なんと特別にすぐ乗れるように案内してくれたんです!!

「おぉ、さすが夢の国♡」と思いながら、王子と私は乗り場の少し手前で待ってました。思ってはもちろんジェットコースター初体験。「乗れるのは良いけど、王子泣いたりしちゃうかな」と、一抹の不安を感じながら

『楽しみだねぇ』

『あれに乗れるんだよ!』

一生懸命明るく話しかけました。王子はというと、「どこに連れて行かれるんだ?」みたいな顔しながらも、

『あれのるー』

と言っていたので、大丈夫だろうと…

そしていよいよ乗車。私は王子の肩をしっかり抱きました。

「どうか泣いて暴れませんように…」

乗ってる最中、王子の顔を何度か覗きましたが、常に無表情でした(笑)ただ、乗り終わったら、

『またのるー』

と言っていたので、まぁ楽しかったんでしょう。表情にひとつも現れてませんでしたが…

帰りにお姉さんが、

『この前まで年齢制限もあったんですが、身長をみたしていれば大丈夫になりました。スプラッシュマウンテンも乗れますよ。ぜひ挑戦してみてください。』

と言ってました。スプラッシュマウンテンはその時点で待ち時間が140分だったので諦めましたが、今度はぜひ挑戦したいなぁと思いました。

  

 

《セレブレーションホテル ディスカバーに泊まってみた》

 セレブレーションホテルは、“ディスカバー”と“ウィッシュ”と、2種類あります。

“ディスカバー”は男の子向けで、アドベンチャーがテーマになっていて、“ウィッシュ”は女の子向けで、ファンタジーがテーマになっています。

 

ディスカバーは入口の自動ドア真正面に、まずミッキーがお出迎えしてくれます。

f:id:stitpooh:20170902210846j:image

f:id:stitpooh:20170902210904j:image

子供が飽きないように、“トイストーリー”チャンネルが流れるスペースがありました。

f:id:stitpooh:20170902211145j:image

中庭に出ると、大海原を感じさせる開放感と船のオブジェが目を引きます。

f:id:stitpooh:20170902210931j:image

f:id:stitpooh:20170902210951j:image

f:id:stitpooh:20170902211109j:image

一階ロビーのトイレは…普通です。

清掃が行き届いて、清潔感はあります。

 f:id:stitpooh:20170902211227j:image

f:id:stitpooh:20170902211210j:image

続いてお部屋ですが、私達は4人泊まれる[スタンダードルーム]という、1番オーソドックスな部屋に泊まりました。シングルベッド3台にソファーとしても使える簡易的なベッド1台。王子は私と添い寝で、あとは旦那・旦那の妹・その息子くん1人と宿泊。

f:id:stitpooh:20170903062856j:image

f:id:stitpooh:20170903063023j:image

f:id:stitpooh:20170903062923j:image 

※一部私物が写ってます

 

部屋は広くないです。壁にスティッチの絵が大きく描いてあり、そこでディズニーを感じられますが、本当に必要最小限といったところです。洗面所とお風呂の写真が撮れなかったのですが、こちらも必要最小限で、アメニティーも普通です。もちろんアメニティーを入れている袋はディズニーでした。お風呂にはシャンプー・リンス・ボディーソープがプッシュ式で、壁に備え付けられていて、湯船も小さいながらありました。

 

正直私の感想は「これで充分」と思いました。今回の私達もそうでしたが、結局パークで開園から閉園まで楽しむという人がほとんどだと思います。ホテルは帰って寝るだけ。まずホテルを満喫するというのは、時間的に、体力的に無理です。であれば、ちょっとディズニーを感じながら、リーズナブルに泊まれる。これで充分です。地方から来る人にはもってこいのホテルなのではと思います。旅費だけでお金もかかりますからね。

私達もまた機会があれば泊まりたいなぁと思いました。

 

後半編《2日目〜ディズニーシー〜》は、次回書きます。

ぜひ、ご覧ください。

 

 ☆下の⭐️をクリックしていただくと、励みになります。そしてさらにやる気が出ます!よろしくお願いします‼︎
↓ (id:stitpooh)